« またもや、PCソフト・トラブル! | トップページ | 「ファン・ヒーター」分解・清掃のつづき »

石油ファン・ヒーターの分解・清掃

12年前に購入した「石油ファン・ヒーター」

さすがに古く 最近、調子が悪くて 直ぐ「燃焼不良」の

アラームが点灯し、消えてしまうのさ! (ノ∀`) アチャー

従いまして、チャンス到来!!

お得意の「分解・清掃メンテナンス」を実施してみました。

Cimg2269

Cimg2268

こんな やつね!

外装パネルを外すと こんな感じになります。

Cimg2270

Cimg2319

左が「燃焼室」、右が「灯油タンク」のスペース。

Cimg2284

まずは、お決まりの「本体タンク」のフィルター清掃!

けっこう汚れてます。

Cimg2297

外して、洗浄!

Cimg2288

次は「燃料ポンプ」

Cimg2285

この「ファンヒーター」の場合、上の「銅パイプ」が

直接 燃焼室内に引き込まれ、灯油を噴射しています。

「燃料ポンプ」と言うより「インジェクション」ですね。

しかし、古い!

コイルが 剥き出し状態ですもの・・・

Cimg2289

外すと、こんな感じ。

手前のブルーな部分が「フィルター」

奥が「燃料計のセンサー」

Cimg2294

フィルター外して、洗浄。 ちっさ!

Cimg2302

続いて、「燃焼ユニット」

Cimg2309

外して、下から見たところ。

左側の「空気口」から、空気を燃焼室に送るわけですね。

こっちのモーターも 古っ!

Cimg2307

ここも、けっこうホコリ溜まってます。

長くなっちゃうので、今日はここまで!

明日に つづく・・・・(  ̄^ ̄)ゞラジャ

|

« またもや、PCソフト・トラブル! | トップページ | 「ファン・ヒーター」分解・清掃のつづき »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石油ファン・ヒーターの分解・清掃:

« またもや、PCソフト・トラブル! | トップページ | 「ファン・ヒーター」分解・清掃のつづき »